フリーランス妊娠

フリーランスイラストレーターが産休に入るとき(2)

投稿日:

イラストレーターセミナー講師つくねです。

おはようございます。

今公園で長女のネギマを1人遊びさせながらメルマガ制作に挑戦しています。

 

今回は

「フリーランスイラストレーターが産休に入る時2」になります。

 

先日昔出場したセミナーコンテストの時に

友達になった方の初出版パーティーに行きました。

そこに男の友達が来ていました。

彼は、私たち夫婦とも友達で、わたしたちの結婚式のほぼ2週間前に結婚式を挙げ、私たちも二次会に出ています。

まだお子さんがいなくて、私の二人目の宿ったお腹を見ながら「いいなー」と言っていました。

「妊娠とか、男だからわかんないんだよなあ。」て言っていました。

私も独身の時、妊娠について、または産後の育児について、

ネットで調べたんですが。いまいちわからなかったです

 

 

いざ自分が妊娠出産となったとき、とても参考にしたのが

「育児漫画」でした。

育児漫画、て、もちろん漫画家やイラストレーターが描いていることが多いのです。

つまりは同業です。

 

 

そんな育児漫画から2人の作家さんの産休の例、紹介しますね。

 

    

1つは『おかあさんまであとすこし!』

作者は「和田フミ江」さん。

ひとりめふたりめのお嬢さんの妊娠出産のときについて書かれた漫画です。

→Amazonリンクはこちら 

http://amzn.to/2pR14uf

ひとりめの出産のときの産休についてはあまり書いてありません。

臨月に入る前には仕事は全て終わらせ、産休に入ったようです。

 

 

ふたりめの時のドタバタの様子は72ページに描かれています。

3ヶ月ぐらい前倒しで仕事する予定が、引越しのために進まず、最終締め切り日が出産予定日に重なるなどピンチ。お姑さんなど周りの人の力を借りたり、仕事先に連絡をしたり、コミニケーション力上げて乗り切ったようです。

(そう、育児は周りの人に「”頼む”という能力」アップが必要です!)

結局は出産予定日の5日前で仕事が終わったとのこと。

 

和田フミ江さんはたまごクラブに連載しており

産休に入ったときには34ヶ月分をかきためていたようです。

 

私も「おかずのクッキング」に連載していた時は

妊娠5か月頃に連絡、前倒しのスケジュールで進めてもらい、

2ヶ月ほど前倒しに入稿を済ませてました。

 

 

次の育児漫画は『トリペと』シリーズ

リラックマの作者、「コンドウアキ」さんのもので

育児漫画漫画でも特に私のお気に入りにです

 

『トリペと~妊婦はじめました』

→Amazonリンクはこちら

http://amzn.to/2pR1CQN

リラックマ作者さんだけあって普段から仕事量は忙しそうです。

 

一人目の産休について。

妊娠7ヶ月のところに、「出産3ヶ月前には終わらせたいので、前倒しで仕事している」とありました 。

9ヶ月のときに九州の実家に里帰りされているので、この頃には締切終わらせたと思われます(仕事用PC、制作テーブルも用意あったので、いろいろされてたかも)。

出産1ヶ月すぎてからご自宅に帰られていいます。

2人目の出産のときの産休については、

『トリぺと5 モッチンと。』85ページに書いてあります。

→Amazonリンクはこちら

→http://amzn.to/2pQFp5A

仕事先には、事前に連絡してあり、前倒しで仕事をして出産予定日10日前に終了。

スッキリして、仕事先にメールをしているシーンがあります

ところが翌日、前日メールした仕事先から「出産予定日10日後締め切り」の仕事依頼メールがが入っています

とりあえず「???」

となって一旦パソコンを閉じる、

という、

ちょっと笑えない笑えるエピソードがあります(^^;)

妊娠とともに、仕事先に連絡し、前倒しで入稿されていますね。

お二人とも二人目の方が大変そうなのは、一人目ははじめてで慎重だからでしょうか。

産休のときのイメージ、わきましたか?

 

もしこのメルマガ、読んだほうがいいと思う

ご友人がいたら、紹介してくださいね。

ステップメール申込みのURLはこちらです。

    

https://48auto.biz/tsukunekyoko/touroku/entryform2.htm

 

★ ★ ★ ★ ★

 

コンサル・セミナーの受付は

5月~7月はお休みします。

なにかメールで質問したいというかたは受け付けますよ。

このメルマガにご返信ください。

 

なにか質問のあるかたは

メルマガに返信、または

tsukunekyoko@gmail.comへ。

「仕事取れる幸せなイラストレーターになりたい女性のための研究所イララボ」

http://illustlabo.com/

 

 

P.S.いま、公園で音声入力しながら、メルマガをかいていました。

9時半から10時半。

ネギマはひとりで滑り台をのぼりおりして遊んでました。

わたしも、みてましたが、13歳くらいの幼児をあそばせているパパママもたくさんいたので安心。

-フリーランス妊娠

Copyright© 仕事取れる幸せなイラストレーターになりたい女性の研究所イララボ , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.